×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Androidプログラミング日記 (仮)  

テキストファイル読み込みその2

あなたは

人目のプログラマーだよ。

Androidプログラミング日記 (仮).

 

 

 

 

前回のコードを使って

textファイルに、データみたいなものを書いてそれを取り込みたい。しかしせっかくなので前回のコードを使用しての取り込みに挑戦したい。ということで今回がんばってみました。

StringTokenizerという便利なメソッドを使いました。

詳しくはネットで調べて見てください。わたしはイマイチわかっていないので・・・

引数にStringオブジェクトと、区切り文字指定で分解できて、なぜかnextTokenでデータ指定できる。このくらいの認識しかできていませんが、無事String配列にデータを入れることができたので成功ということにしています。

 
 
 

ファイル名「Object.text」

box,blue,50,20,circle,red,30,30,box,gray,50,100,line,sian,200,0

                          

csvファイルのように”,”で区切ってみました。csvファイルも処理出来るように練習がてらこんな感じで設定。

 

ファイル名「InputText2Activity.java」変更なし。

package and.roid.inputtext;

import android.app.Activity;
import android.graphics.PixelFormat;
import android.os.Bundle;
import android.view.Display;
import android.view.Window;
import android.view.WindowManager;

public class InputText2Activity extends Activity {
	public float disp_w,disp_h;
    @Override
    public void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
        super.onCreate(savedInstanceState);
        requestWindowFeature(Window.FEATURE_NO_TITLE);
        getWindow().setFormat(PixelFormat.TRANSLUCENT);
        Window window = getWindow();
        getWindow().addFlags(WindowManager.LayoutParams.FLAG_FULLSCREEN);
        WindowManager manager = window.getWindowManager();
        Display disp = manager.getDefaultDisplay();
        disp_w = disp.getWidth();
        disp_h = disp.getHeight();
        setContentView(new InputTextView(this));
    }
}
						                      

ファイル名「InputTextView.java」

package and.roid.inputtext;

import java.io.BufferedReader;
import java.io.InputStream;
import java.io.InputStreamReader;
import java.util.StringTokenizer;

import android.content.Context;
import android.content.res.AssetManager;
import android.graphics.Canvas;
import android.graphics.Color;
import android.graphics.Paint;
import android.view.View;

public class InputTextView extends View {

	private InputText2Activity activity;//アクティビティクラスの登録準備
	private String text;//表示文字登録準備
	static private final String FILE_PATH = "object.txt";//ファイルパス
	private Object ob;
	private String[][] data = new String[4][4];

	//コンテキスト
	public InputTextView(Context context) {
		super(context);
		initInputText(context);
	}

	//ここでファイル読み込み
	private void initInputText(Context context) {
		//アクティビティクラス登録
		activity = (InputText2Activity)context;

		//ファイル読み込みなど操作するときはtry{}catch{}で囲む
		try{
			//元からあるassetsフォルダに入れたtextファイルを読み込む方法
			AssetManager assets = getResources().getAssets();
			InputStream in = assets.open(FILE_PATH);
			BufferedReader br = new BufferedReader(new InputStreamReader(in));
			String str;
			StringBuilder strs = new StringBuilder();
			int i=0;int j=0;
			while ((str = br.readLine()) != null) {
					strs.append(str);
			}
			br.close();
			text = strs.toString();

		}catch (Exception e){
			text = "読み込み失敗";
		}
		//StringTokenizerは引数で設定されたStringオブジェクトを切り分けます
		//今回は引数で","で区切って切り分けています
		StringTokenizer st = new StringTokenizer(text,",");
		for(int i=0;i<4;i++){
			for(int j=0;j<4;j++){
				data[i][j] = st.nextToken();
			}
		}
	}

	//Viewを継承させるとここが自動的に呼ばれる
	protected void onDraw(Canvas c){
		setBackgroundColor(Color.WHITE);
		super.onDraw(c);
		Paint p = new Paint();

		p.setAntiAlias(true);
		p.setColor(Color.RED);
		p.setTextSize(15);
		//今回はちゃんと分けれたか試して表示だけしています
		for(int i=0;i<4;i++){
			for(int j=0;j<4;j++){
				c.drawText(data[i][j], j*50, 100+i*100, p);
			}
		}
	}

}

						                      
?

 
実行結果
無事に表示できました。

今回は、前回のソースコードを変えずに、生成されたStringオブジェクト(text)をなんとかして分解できないものかと色々調べた結果、いいメソッドがあったのでそれを使用してみました。

textファイル自体は”,”で区切っています、これはcsvファイルもこのやり方で取り込めるということです。

 

assetsフォルダに入れたtextファイルを読み込み表示
その1のコードを使用して連続したデータを取り込み分解
今までの読み込みこんだデータを図形に変換してみた!
アプリケーション専用ファイルでの書き込み読み込み
アプリケーション終了→次回起動時までデータの保持
 

 

 

Androidプログラミング日記 (仮) | サイトマップ | 個人情報保護方針 | 応援メールテヘペロ | ©2012 Japan  相互リンク大募集中です